お問い合わせ・サービス資料ダウンロード(1分)

2017年4月にサービスインしたキッズリー「保育者ケアサービス」。
サービス開始から60園を超える保育園・施設からお問い合わせ・ご利用いただいております。
「保育者ケアサービス」を実際に導入いただいた方々に、お話しを伺いました。

キッズリー保育者ケアをご利用いただいた園長・管理職の方からの声

本音を言いやすい環境を普段から作る努力をしてきたんですけど、ちょっと手ごたえあるぞっていう事まではまだまだいかない状態でした。何か一つ、より良い、もっともっと本音を引き出せるようなものがあると、いいなあと感じておりました。

診断結果が出るまで少し時間があって、保育者たちが自分で整理をしながら、「この時の私、こういう気持ちで、だからこういう風な答えを出したんだと思います」というような自己分析をしながら、「私こういう事で悩んでるんだ」って事に気づいて、話してくれたんです。

この先、長い間見ていくと、保育者自身の成長とか、園の成長みたいなものが、感じられるようになってきて、それこそやる気も出てくると思います。人ってやっぱり成長していってるんだな、組織って成長していってるんだなみたいな物差し的な役割も、キッズリー保育者ケアには、あるんじゃないかなと感じています。

まつやま大宮保育園
松山 圭一郎 園長

先生たちはすごい仕事を毎日しているなあという感覚があって、日々様子を見ています。でも心の奥底で何か課題を抱えているとか、日々のコミュニケーションだけではわからない悩みだとか、それを見ていきたいという気持ちがありました。フリートークだけだと、奥底までは引っ張れないなあという感覚は、すごくしていましたね。

表明的なものより一歩先の先生たちの状態だとか、未来をどう考えているかとか、そういったことを見ていきたいということもあって、キッズリー保育者ケアを導入させていただいたという経緯があります。

保育者ケアを使った面談ではあまりここがどうだという話はせずに、「まずはどうですか?」という話をして、その中で少し具体的に踏み込んで、「今ちょっと悩んでいることある?」とか、「クラスの運営のこの部分はどうかな」って、一段深い話をしていくと、「実は」という感じで結構色々と、今まで溜めていたものが出てくるという、そんな感じはありますね。

PICO ナーサリー久我山
野上 美希 主事

キッズリー保育者ケアをご利用いただいた保育士からの声

キッズリー保育者ケアをやって、正直な意見も書いて、面談でもそれについて話す機会ができたので、今まであまり言ってこなかったことを言えたというのはありますね。

自分をちょっと客観的に見たというか、自分のことを振り返るのも、すごいいい機会だと思いますし、やっぱりそれを上の方と共有できるというのは、もっとよくしていくためには、こうしていこうよという話もできると思うので、モチベーション維持するとか、上げていくためにも、キッズリー保育者ケアはいいツールになりそうだなという感じました。

PICO ナーサリー久我山 保育士
Aさん

キッズリー保育者ケアを使ってみて、率直に自分分析出来て良かったと思います。私、入ってきた時に、すっごいネガティブだって言われてたんですね。でも、キッズリー保育者ケアをやってみて、ちょっとだけポジティブ思考になってきているというか。自分の成長している所が分かって。逆に、自分のマイナスな所も分かったので、今後の自分を成長させていく部分で、凄く為になりました。

回答する段階で自分の内面を知れる。あとは、結果が出てきて、自己分析が出来た時に、自分ってこういう人だと分かる。プラス、何が足りないかとか、自分はどんな風に改善したらいいかまで分かるから、オススメです。

まつやま大宮保育園 保育士
Oさん

溜まっていた部分を吐き出すことが出来なかったり、何が自分でストレスって感じているのかとか、何が原因なのかを、客観的に分析せずに、周りにも最近、元気ないねとかは、気づかれてしまっていて。キッズリー保育者ケアを通じて、話す事によって私も、ちょっと落ち着くというと変ですけども、アドバイスも頂けて、少し楽になったというのを覚えてます。

忙しくて、自分の事って後回しになっちゃうと思うんですけど、冷静に自己分析出来て、心の整理も出来ると思うので、ここが足りないという自分の目標作りにも、モチベーション作りにも活かせるんじゃないかなと思います。

まつやま大宮保育園 保育士
H さん

キッズリー保育者ケアを受けたときは、転職して1年目で、どうしても前の園が長かったので、きっと自分の中でマイナス思考になっていたのではないかなって思っていて。それに対して、否定されるわけでもなく、話を聞いてもらえるというだけでも全然違うというか、そのいいきっかけができたのかな。踏み込めなかったところに踏み込めたというのは、すごくよかったですね。

この期間でもこれだけ自分の心情が変化しているということは、また次、立場やクラスが替わったときに、どう変化するんだろうということに対しても興味を持てましたし、いい機会だなってすごく思いました。

PICO ナーサリー久我山 保育士
Yさん

キッズリー保育者ケアは細かく質問内容が書かれているので、自分の悩み以外の違う側面という部分で、こういう悩みも確かにあるかもしれないとか、いろんな視野が広がりました。逆に自分の普段の生活、仕事をするスタイルというのは、どんな感じなのかなというふうに、改めていろんな面で考えさせられたかなという部分はありました。

面談では上司とじっくり話す機会になりましたね。普段の保育の悩んでいることだったり、自分の仕事に対してどう向き合えばいいのかという話を上の方と詳しく話せるというのは、すごいいいきっかけになったかなと思います。

PICO ナーサリー久我山 保育士
Iさん

キッズリー保育者ケアがサポートします

普段なかなか引き出すことのできない保育者の本音を理解することで、
園と保育者との間に一歩進んだ相互理解やコミュニケーションが生まれます。
保育者理解の手立てとして、突然の離職を防ぐためのフォローとして、
保育者自身の自己評価ツールとして、キッズリー保育者ケアをご活用ください。
お申込みは簡単。初期費用は無料でご利用いただけます。

ページのトップへ戻る